ホーム農林水産業みらい基金フォーラム

その事業、実現しませんか?

農林水産業みらい基金フォーラム〜助成先の取組みと申請のポイント〜

みらい基金とは?

農林水産業みらい基金は、農林水産業と
食と地域のくらしを支える
「農林水産業みらいプロジェクト」を展開しております。
本プロジェクトでは、前例にとらわれず
創意工夫にあふれた取組みで、
直面する課題の克服にチャレンジしている
地域の農林水産業者への
あと一歩の後押しを通じて、
農林水産業と食と地域のくらしの発展に
貢献したいと考えております。

PROGRAM 01主催者挨拶

農林水産業みらい基金 代表理事 : 山口

山口代表理事挨拶を動画にてご覧いただけます。

PROGRAM 02対談「みらい基金について」

農林水産業みらい基金 代表理事 : 山口
聞き手 : 渡辺真理

日本の農林水産業の課題から始まり、
課題解決の一押しにと立ち上がった「みらい基金」。
その存在意義、フォーラム開催の理由、
審査ポイントのご紹介のほか、
「あと一歩の後押し」の考え方等についての
対談をご覧いただけます。

PROGRAM 03「時代を拓く挑戦者たちの声」

助成先とのコミュニケーション

実際に農林水産業みらいプロジェクトで
採択された助成先の話を、
対談形式でご覧いただけます。

農業

「クラフトビールを中心とした
持続な地域農業モデルの構築と波及」

  • 地域活性
  • 雇用創出
  • 地域
    ブランディング
助成先企業
宮崎ひでじビール株式会社
代表取締役 永野時彦
農林水産業みらい基金 代表理事
山口
司会
渡辺真理

地域のビールメーカーが核となって、大麦・ホップ生産の支援・全量買取を行うことで、農業所得向上や中山間地域の新たな農業モデル確立に繋げます。
畜産農家との連携を進めることで、地域資源循環の実現が期待されます。

林業

山がみえるサプライチェーンマネジメント・
プラットフォームの構築
~東日本大震災からの創造的再興~

  • ICT
  • トレーサビリティ
  • 地域で連携
助成先企業
登米町森林組合
参事 竹中雅治
農林水産業みらい基金 代表理事
山口
司会
渡辺真理

森林現況・素材・施業情報を一元管理できる統合システムを構築し、地元産出木材のトレーサビリティの確立に向けて取組みます。
広葉樹の商品開発・販売強化による広葉樹林の更新を進め、登米市産木材の価値向上、省力化により、森林所有者の手取り向上を目指します。

PROGRAM 04申請方法についてのご説明

申請の流れや必要な書類、審査においての
ポイント等についてご確認いただけます。

PROGRAM 05よくあるご質問

応募に関する疑問を解消

募集要項を確認する